先日、悪と戦う夢を見て、相手の攻撃をかわし反撃しようとしたらベッドから落ちました…

三男には「子供かよ」と言われ、妹には「普通大人は落ちないよね」と言われ、母には「昔も夢を見て青タン作らなかった?」と言われたあげく、次男はコメントなしでつめたーーい目で呆れ顔

誰も「大丈夫?」って聞いてくれない~~



その次男ですが、どうやら手術が必要なようで……

926日にCTを撮りMRI1011日で診断は10月中旬なので差し迫ってはいないのかな。

もう成人してはいますが本人に「悪性腫瘍かも」と初めから告知したのに驚きです

良性にしても、悪性にしても手術はしなければいけないとのこと、悪性でないことを祈るだけです。

次男に「おばあちゃん(母)が心配するから診断がおりるまでナイショにしておこう」と言われこれまた驚き。

不安でいっぱいだと思いますが普通通りにやっている彼を見ると体だけでなく心も成長しているんだな、と感心する親バカな私でした

と、このことをブログに書いて良いのか迷ったのですがこの「春夏秋冬」は等身大のその時の自分を綴ってきたので今回も書きました。心配しないでくださいね。



さて、話は変わって、歴史好きにはまたたまらないニュースがありましたね
<「庚寅」干支入り大刀>福岡で出土 日本書紀裏付け
最近は「百済、新羅、唐と日本」「大和政権と吉備、九州」「磐井の乱」に興味があり資料を読み漁っています。
10月からは社労士の勉強を再開するので趣味の時間が少なくなってしまいますが、これからも歴史の想像を楽しみたいな